いいブログの書き方ばかり調べて、いつまでも書き始められない人へ。

どーも、とまーきです。

発信力をつけて、自分の人生を切り開くときめたのに、

ブログの書き方、ツイッターの効率的なつぶやき、

いつまでもノウハウばかり集めて行動していない自分がいます。

同じような境遇になる人の参考になればうれしいです。

完璧主義とは、臆病者のことである。

完璧主義とは、失敗を恐れて、

あれこれ行動を起こさない理由探しをして

逃げ続けることかもしれません。

変化の激しい今の時代、

失敗を恐れて、新たなチャレンジのリスクを取らないことは、

最大のリスクになるのではないでしょうか。

90年代以降、完璧主義が増加している。

約2万5000人のデータをもとにしたメタ分析研究によると、

90年代から完璧主義が増加しているそう。

つまり、俺たち若い世代から異常に急増しているということ。

原因はネット社会の発達により、

SNSのフォロワー数など個人の価値基準がお互いに目に見え、

他人と「比較される」仕組みができたことが要因らしい。

では完璧主義の先にはどんな人生が待っているのでしょうか。

完璧主義の先には、ルーティンのつまらない毎日だけが待っている。

恐ろしいことに、完璧主義の病は、

若いうちに手を打たないと大変なことになってしまいます。

なぜなら、

失敗のリスクを恐れて、新たなことや人間関係にチャレンジしなくなる。

毎日同じ環境で・同じ人と会い・同じことをする安定をとる。

安定ばかりを選ぶことで、リスクを選びチャレンジするを反射的に拒否するようになり、それにすら気づかなくなってしまう。

狭いルーティンの毎日だけが残る。

という悪循環をたどってしまうからです。

それでは、完璧主義の病を治療するには、どうすればよいのでしょうか?

完璧主義の治療法は、自分を許す習慣をつくること。

完璧主義の治療法として効果的なのは、

「セルフコンパッション」という「自分への思いやり」です。

やり方は簡単。

メモ帳とペンを常に持ち歩いて下さい。

もしくはスマホのメモやEVERNOTEなどでもOK。

ノートの左にダメだなと思ったこと

(例:今日のツイートは内容うすかった…)

右に他人にアドバイスする気持ちでコメントを書く

(例:10個もツイートしただけで偉いよ)

と書くだけ。

人間、自分には厳しくなかなか許せないものですが、

他人に失敗を相談されたときって、自分の場合と違い、

すごく寛容になることができるんですね。

まとめ

失敗をおそれないためには、

自分の失敗を許してあげる寛容性を身につくることが大切。

そのために、

自分と、他人という2つの視点

を使い分けましょうということでした。

今日から「完璧」を目指している自分に気づいたら、

失敗をおそれている自分を認めて、

他人にアドバイスを送るように、自分を許し、

「完璧」ではなく「完了主義」を目指していきましょう。

さあ、1日10ツイート。ブログ1日1本。

発信していくぞー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です